水道修理業者に水道の修理を依頼

水道から赤い水が出た場合は配管に錆が発生している可能性が高いです 水道から赤い水が出た場合は配管に錆が発生している可能性が高いです

水に赤錆が混じっている?水道で起きる問題

水道を利用しているとまれに蛇口から赤い水が出てくることがあります。こういったトラブルが発生するのは水道に何らかのトラブルが発生している可能性が高いです。被害を防ぐために、まずは赤い水が出てくる原因を特定してみましょう。しっかりと調べたい場合は、業者に調査を依頼すると良いです。

水に赤錆が出てくる理由

水道管の内部が錆びて赤錆となります (水道修理業者)

蛇口から赤い水が出てしまうのは水道管の中で錆が発生し、固まっている可能性が高いです。鉄製の水道管は年月が経過すると徐々に錆が発生し、水の中に錆が混じってしまいます。こうしたトラブルは浄水器などを取り付けても解消できないので、赤い水が出てきた場合は室内の水道管全てを錆にくいものへと交換しなければなりません。

共同住宅の場合は他の階から赤錆が流れてくることがあります (水道修理業者)

マンションなどの共同住宅に設置してある蛇口から赤い水が出てきた場合は、水道配管の工事と水道本管の両方を実施する必要があります。水道本管の中で錆が発生している場合、水道配管を修理してもトラブルは改善されません。万が一赤い水が自宅で発生した場合は、住に設置されている水道を隅々までチェックしてもらいましょう。

赤錆が水に交じっていたらすぐに水道修理

水道

水の中に混じっている赤錆を取り除きたい場合は、専門業者の方に申し込み水道交換を実施してもらう必要があります。

赤錆に対する水道修理

水道管を洗浄する
赤い水が出ている際はまず水道の内部を清掃してもらい、錆が水の中に混じってしまうのを防ぎます。過酸化水素や最新の給水管洗浄システムなどを利用すれば、作業時間を大幅に短縮することが可能です。水道管の中に存在している錆もきちんと取り除くことができるので、施工後にまた赤い水が発生してしまうことはありません。
水道管の交換
水道管の状態を細かくチェックし、経年劣化が生じていた場合は配管の交換などを行ないます。配管に生じている被害が小さい場合は漏水が発生している配管を修理したり、一部の設備だけを交換したりするのが一般的です。劣化の激しい部品を耐久性の高い物へと交換し、配管に劣化が生じにくくなるように対処する場合もあります。
赤錆を防ぐ装置を取り付ける
赤錆の発生を防ぎながら水道管の保全もきちんと行なうには、セラミック水改善装置を設置するのが最適です。この装置は水そのものを改質するための装置であり、赤錆の発生をきちんと予防することができます。設置しておくことで水道管内を常にきれいにしてくれるので、赤錆の発生を気にすることなく日常生活を楽しむことが可能です。

水道修理業者ならすぐに解決できる

水道修理を取り扱っている業者の多くはいつでもトラブルに対応できるよう、24時間対応を実施しています。そのため深夜や早朝などの時間帯に水道トラブルが発生しても、すぐに修理を実施してもらうことが可能です。なるべく早めにトラブルを解決したい場合は24時間対応可能な業者に相談を行ない、すぐ施工を実施してもらいましょう。

TOPボタン