赤錆による被害は水道修理で解消しよう

水道から赤い水が出た場合は配管に錆が発生している可能性が高いです 水道から赤い水が出た場合は配管に錆が発生している可能性が高いです

赤錆による被害が起こる前に水道修理が必要

蛇口

水道の中で赤錆が発生してしまうと水の中に錆が混じってしまい、さまざまな悪影響を及ぼす可能性が高いです。

赤錆が引き起こす問題


赤錆が発生すると水道管にどのような被害が起きますか?
水道管に発生した赤錆は非常に脆いため、水に流されていきます。錆が流されるとその分水道管の厚さは徐々に減っていき、最終的に漏水が生じてしまう可能性が高いです。また場合によっては赤錆が錆コブへと変化し、水道管の中で徐々に錆が溜まってしまうことがあります。こういったトラブルが発生すると水の流れが悪くなってしまい、普段通りに水を使用することができません。水の流れが悪くなったと感じた際は、一度水道内を点検してもらいましょう。
赤錆が混じった水を飲むと体に変化が起きますか?
赤錆は体内に取り込んだ際鉄分として判断され、栄養素の一種として吸収されます。鉄分は酸素の運搬をサポートする重要な効果を持っていますが、摂取しすぎると身体に悪影響を発生させてしまう可能性が高いです。体内に摂取された鉄分は肝臓へと集められますが、摂取する鉄分の量が多いと肝臓に大きな負担がかかります。このままにしておくと肝臓機能を低下させてしまい、肝硬変や糖尿病を誘発させるため非常に危険です。子供に水を飲ませる際は注意しましょう。

赤錆が発生しているかチェックする

水の中に赤錆が混じっていないか確認する場合は、水の味や色を注意深くチェックする必要があります。水がまずく感じたり鉄のような味がする場合は、水道管内に赤錆が発生している可能性が高いです。気づかずに使用すると洗濯物に錆が移ることもあるので、自宅の水道にこういった症状が現れた場合は水を使わないように対処するのが最適です。

TOPボタン