水道に錆が発生する原因と主な対処法

水道から赤い水が出た場合は配管に錆が発生している可能性が高いです 水道から赤い水が出た場合は配管に錆が発生している可能性が高いです

水道修理が必要な赤錆とは?

男性

水道の中で発生してしまう赤錆は場合によっては健康被害を発生させたり、住宅の設備などにも悪影響を与えたりします。こうした被害を防ぐためにも、まずは赤錆の発生原因や対処法などをここで学んでおきましょう。

赤錆が発生する理由

水道管の中は水が入っており、水道管の鉄は水に触れることで常に錆が発生しやすい状態になっています。そのため長期間使用していると、水道管の中にはどうしても錆が発生してしまうのです。また水道水の中には塩素が含まれており、この塩素剤が鉄の酸化を促進させてしまう可能性が高いです。このように水道管が錆びてしまうのは必然とも言えるので、水道から赤錆が出てきた場合は業者に依頼を行なってトラブルを解決してもらいましょう。

赤錆が出た時の対処法

赤錆が出たら水を流したままにする

蛇口を開けてコップに水を入れると、水がどのような状態なのか確認することができます。もしコップに水を入れて色が明らかに赤い場合は、飲用せずに掃除などに利用するのが最適です。赤い水が出た後はしばらくそのままにしておき、水の状態がきれいになるまで待ちましょう。水を出した時に比べて状態が良い場合は、飲んでも構いません。

賃貸住宅なら大家さんか管理人に報告

賃貸マンションやアパートなどの場所で赤錆が発生した場合は、物件を所有しているオーナーなどの管理者に相談を行なう必要があります。水道から錆の混じった水が出るのは明らかに問題であるので、トラブルが発生した場合はすぐにオーナーや管理者に伝えておきましょう。しかし大きな物件の場合は、水道工事の規模が大きくなる可能性が高いです。

TOPボタン